excitemusic

山崎まさよしファンです☆彡行動範囲が狭いので《まさ友》にお願いしてライブレポを頂いてます・・私だけ楽しむのはもったいない素敵なレポです、どうぞごゆっくり♪ 
by atelieraya
ICELANDia
管理人の本サイト










◎お気に入りblog◎
10周年おめでとう!- 山崎まさよし、曰く -
ライフログ
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Η(・∀・)イイ!!
from しんや
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
(゜д゜)ウマー
from (´・(ェ)・`)クマー
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
7sVfE50dいいです..
from 7sVfE50d大乱交スマッ..
4vnqGB6Mいやマヂ..
from 4vnqGB6Mくれくれ厨
TMAa34cJディープ..
from TMAa34cJハメ次郎
jPZM3ioQ俺の女神様w
from jPZM3ioQ不死鳥
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


沖縄コンベンションセンター劇場 ONE KNIGHT STAND TOUR 2003 りんこさんより

11月13日沖縄の服装は、白のSSWB NOTWIST Tシャツ、眼鏡、ブルーのズボン、真っ白なスニーカー、長方形ペンダント。

ま:めんそ~れ。山崎まさよしです、どうも。

今回、初めてこのライブに来られた方も多いかと思いますが、この妙な雰囲気、この微妙なMC、気に入って頂けますか?

私は皆さんに、、、、何も望んでいません(笑)。最後までごゆっくりお楽しみください。

ま:皆さんは、ほとんど沖縄の方ですか?

沖縄の人ー?あ、ほとんどですね。そりゃそうですよねー。他は。。

客:埼玉ー。福岡!○△×□!(次々とお客さんの声が。)

ま:発表せんでよろしいっ(笑)。

今日はですね、皆さんがどれだけシーサーについて知っているか、勉強してみたいと思います。

だいたい、シーサーって何ですか?ライオンですか?獅子ですよね。

客:魔除けー!

ま:そうですか。シーサーっていろんな種類があるんですね。

(おもむろに紙・カンニングペーパーを取り出しました。)

ハイッ、これはガチョーンシーサー、手がね、ガチョーンって(笑)。

次!西川きよしーさー。(目が丸く飛び出ていて、眉が太い)マユ毛ボーンですね。

そして、飲んでいきーさー。(ものすごい笑顔で徳利を持つシーサー。飲み屋さんの前にありそう。)

ええかっこシーサー。(かなり基本形の格好いいやつ)

あっち向いてホイシーサー。(指がそんな感じ。)

(次々と映し出されるシーサーに会場は爆笑です。)

と言う事で、シーサーについて調べてみました(笑)。

そうサー(笑)



それでは、今日はゲストを呼びましょう。。元ちとせ!そして江川ゲンタ!

(ゲンタさんからピンクのレイを掛けられました。同じものを付けているちとせサンに向かって)

ま:これ、かわいいサー。何て言うんですか?

ち:知らないサー(笑)。

ま:ゲンちゃん久し振りやね。沖縄と言えば江川ゲンタ!

ゲ:おーっ!今年は4回目だね。この間、そこのコンビニ行ったら、“山崎まさよしライブ11月13日!”って書いてあったから、これは行かなくっちゃって思ってね。。思っていたんださー。

ま:そうサー(笑)。

ち:この言い方合ってるんでしようか?(客席の反応では、まあまあ合っているらしいです)

ゲ:ビミョウださー。

ま:微妙ださー(笑)。

いつもはここでカバーコーナーなんですが。。

(ちとせサンとゲンタさんに向かって)では行きますか。。

(2曲ちとせサンが歌いました。英語の歌と名前のない鳥)

【ちとせさんの話。】

沖縄でプロモーションビデオを撮ってたら、近所のおじさんがあの子はいつ脱ぐんだって聞いてきて、スタッフが「午後からです」って答えてしまったら、おじさんが午後友達を連れて来て、

「ヌード撮影と間違われたー!」って話でした。

そしたら、まさやん、「あ~、AV撮影に間違われたんだぁ。」って。

(あれ?ヌード撮影とAV撮影は違うのでは・笑??)

ま:いつも、二人の海ぼうずは、海に帰ってるって言ってるんだけど、今日は戻って来たね♪

沖縄だけにね。

(二人が退場して)

一人はね、寂しいんですよ。(指慣らしのようにギターを爪弾きながら)私はいつまでコレ(花のレイ)を付けてればいいんでしょう(笑)。

付けててもいい曲はこれでいいか。。(と言って2曲付けたままでした)

客:(曲を聞いて)ピューピュー(指笛)

ま:上手いですねぇ。ちょっと俺もやってみようかな。(すーすー・笑)

こりゃ、まいったな。(ニッコリ)

かないませんね。だったらこっちは!ピヨピヨピヨ(指で押すと鳥の鳴き声がする道具)

ま:泡盛のウコン茶割りっていいですよね。

でもああやって飲むのは、酔いたいのか酔いたくないのか、なんか打ち消しちゃってる感じですよね。あ、でも身体を気使っているんでいいですよね。

ま:アルバムを出してツアーがあるんですが、アルバムを出さなくたって、(ツアーを)やってもいいですよねぇ。(会場拍手)沖縄に、また来たいです。

【今回、私が感動したこと】

1曲目から2曲目に入る一連の動作はまさに芸術!と思ってしまいました。

1曲目のリズムトラックがフェードアウトして行きながら、次の曲に入って行く時のまさやんの動作を記すと、、、

楽譜めくる → 次のリズムをカホーンで作る → ハーモニカホルダー付ける → ハープ付ける → ホルダーの左ネジしめる。右しめる。→ 指ピック付ける → ギター始まる。

このリズムに乗りながらの一連の動作に全く無駄がありませんっ!

ぜひこの妙技に注目してみてください。すごいんだよ~♪♪

お客さんとの掛け合いの中で何度も、

客:最高サーッ!

ま:本当かサー?そうサー♪(笑)

と言うやり取りが何度もありました。

「○○サー」という言い方は、観光している時に何度か耳にしました。

“シーサー”との、駄洒落かと思ったらそうではないみたいです(笑)。

ま:俺が来たら涼しくなっちゃって、泳げるかなと思ってたけどちょっと寒いね。

と言ってましたが、15日などは日差しもとても強かったのでもしかしたら海に入ったかもしれませんね♪
[PR]
# by atelieraya | 2003-11-13 17:01 | 山崎 まさよし

鹿児島市民ホール ONE KNIGHT STAND TOUR 2003りんこさんより

11月8日鹿児島市民文化ホールのまさやんの衣装は、白の5:8黄金率Tシャツ(違うかも?)。めがね。ジーパン(ポッケ跡が青いやつ)、青地のスニーカー。長方形のペンダント。



ま:どうも。山崎まさよしです。ワンナイトスタンドツアー2003、鹿児島にやって来ました!

さっき、釣りに行って来ました。(釣れたかどうかは)うーん、ちょこちょこね。。

マネージャーが真っ青な魚釣ったんですよ。熱帯魚か?って感じの。あれは食えないだろうなー。

(3曲程終えて)

ま:ただいま、お送りしましたのは、○○、□□、、アトリエを作ってのツアーだと言うのにアトリエの曲がちっとも出てこない(笑)。



ま:弾き語りですし、おのおのの指定席もあります。皆さん、“不安”にならなくていいですよ(笑)。最後までごゆっくりお楽しみください。

しかし、このどうしたらいいかわからない状況を打ち破らなくては!

(と言い、唇の笛、サンバホイッスル、風船の付いた笛でおどけてみせる→苦笑)

客:がんばれ~。

ま:頑張れなんて言うと鳥、呼んじゃうよ!(ピヨピヨピヨと笛を鳴らす)



ま:そうですねぇ。鹿児島と言うと桜島!桜島ってでかいんですねぇ。

あと、西郷隆盛、霧島!霧島ってすもう取り??だよね。わからん。まー、大きい人が多いようで。。。。。極め付けは、コレ!ドン!(後ろに5メートル位の巨大な男の子の頭の笑顔のオブジェが映し出されました。会場から歩いて5分程の所にある『ジャングルパーク』という遊園地の入り口にあります。)



ドン!(横顔。)

ドン!(後姿が映し出されました。)

もひとつドン!(右手←手首から上だけ、地上から出ているのです!)

ドン!(左手が映されました。)

ま:私が見るところ、恐らくこれは子供です。それなのに既にこの大きさ!この先いったいどうなることやら、、、だいたい、こんなデカい帽子どこに売ってんねん(笑)。



ま:(ノリノリの曲から次のしみじみ曲に行きたくて始めた話のはずが。。。。)

親父が釣りが好きで小さい頃からよく釣りに連れて行かれました。朝4時位にね、行くんですよ。あんまり行く方じゃなかったんですけど、釣りもいいですね。。。

あ、釣りって、短気な人の方がいいらしいですよ、海釣りは。。。じっと待つから短気は駄目と思うでしょ。でも短気な人はいいんだって。。へぇ~~(会場を見渡しながら、左手を振る)

“へぇ~”って俺、あの番組見たことないっちゅうねん!

(参考:友達の話によると海釣りは手法がいっぱいあって、釣れないと餌を変えたり竿を変えたりするそうです。川釣りは、あまり手法がなくただ待つんだそうです。だから、海釣りは、短気で次々と手法を変える方が魚が釣れるらしいです。)



客:何釣れたぁ?

ま:えーっと、名前わからん。。。えっ?あ、それそれ、ヘラ?ベラ?ベラ?

妖怪人間、、、!(ベラと言って欲しかった・笑)

言って欲しいぃ。。(←懇願時、関西系語尾下がり?の言い方。かわいい。。。)

客:何匹釣れたぁ?

ま:5匹。あ、俺は2匹。後はマネージャーが。。

客:食べたのぉ?

ま:食べてないよぉ。そんな釣ってすぐ食べてなんて、俺は原始人か。。。ムシャムシャなんて?

客:どれくらいやってたのぉ?(次々と客席から質問が。。。)

ま:えっと(していない腕時計を指差し、見る仕草・笑)3時間位、、日が強くて日焼けしました(と両腕を見る)。

あー、つぎの曲行くのにしゃべってたのに、なに言うか忘れたわ!

うーん、もうええわ。そのまま、次ぎ行きますっ。



ライブが進むに連れ、お客さんとの相性が本当に暖かくなっていくようでした。サンバホイッスル大活躍の時、皆がノリノリになると、「すばらしいっ!」と言い、アンコールの拍手が盛り上がって出てきた時には「あったかいアンコールありがとう。」最後には、両手で投げキスをして、それに答える黄色い?声にまたびっくりしたりしてました。



私が今まで行ったライブでは、ある一つの曲が皆とまさやんのリズムが合わないものがありました。でも今回は、まさやんが率先して手拍子を誘導し、バッチリ合いましたヨ♪♪



<<<ちょっとだけ笑ってしまい、そして感心した事。>>>

全部、君だった。で前奏を弾き始めてしまったのですが、ハープを付けたままでした!

歌に入る直前の“零コンマ何秒(0.何秒)”の間に、“チャッ”と素早く外しました。

すごい早技っ!真面目な曲なので何食わぬ顔で事が運ばれました。

たぶん気がつかなかった人も多かったと思う程の速さでした。(事実、私の友達は気づいていませんでした。)

そして、ノリノリの曲の時は歌詞をとちってレロレロ♪ってなったけど、エヘッと言う顔をしたので、皆でアーッアーと責める歌い方をしました(笑)。その時はちょうど一緒に歌っている時だったのです♪

同じ間違いでも曲によって瞬時の対応が違ってます。プロですねー。



<<<すごく感心した事。>>>

2曲くらいカホーンを叩く前に、うん?と言う顔をして、ギターを持たずに弾く真似をし、カホーンを叩き始める仕草がありました。

まさやんは一人なので、いつも“無”の状態から頭の中でこれからやる曲のイメージを音もリズムもハッキリと思い浮かべないとカホーンのリズムも造れないんですよね。

当たり前にやってるけどすごく大変なことだと思いました。



折り返し地点を過ぎ、ツアー生活もとても身体になじんでるようで、歌も演奏もMCも余裕さえ感じられる落ち着き方でした。唄に合わせた背景も、だんだんと良くなってきていて、完成系間近!という感じです♪♪♪
[PR]
# by atelieraya | 2003-11-08 16:56 | 山崎 まさよし

NHKホール ONE KNIGHT STAND TOUR 2003 MIYAちゃんより

【NHKホールで行われたライブのセットリスト】

(白のOKSTのTシャツ、Gパン)
長男
Mr.Spell Man
Good Morning
あじさい
神様も知らない午後
星に願いを
サマエルの記憶
最後の海
Corridor
ツバメ(エレピで演奏)
アトリエ(エレピで演奏)

~カバー曲コーナー~
In My Life(ジョンレノンのバースディなので選曲)
Over The Rainbow(三菱モーターズ・・スポンサーさんがきてると思われ・・)
はじめてのチュウ(府中とは言いませんでした・・爆)

僕と不良と校庭で
風の伝言
レイトショウへようこそ
セロリ
FAT MAMA(お客さん総立ち) 
PLASTIC SOUL(客さん総立ち)
未完成
全部君だった

~アンコール~ 
(モスグリーンのTシャツに着替え、つぎはぎっぽい紺パンツ。)
僕はここにいる
One more time, One more chance
~アンコール2回目~(お客さん総立ち)
アレルギーの特効薬~WHAT'D I SAY~
ヤサ男の夢~昼休み~

(MCは記録してません。ごめんなさい。前に書き込みしたようなことです。)
全体的にじっくりと聴かせてくれるスタイルで
個人的にはこうゆうライブがとっても好き。
何回でも行きたい。パンフは豪華写真集。
ライブのことなどひとつも書いない写真集。
うらパンフのほうがワタシ好み・・・今回ないのが悔やまれる。
[PR]
# by atelieraya | 2003-10-09 16:55 | 山崎 まさよし

市川市文化会館 10月6日 ONE KNIGHT STAND TOUR 2003 りんこさんより

昨日の市川のライブは、”妙な”ノリだったんですよー(笑)。

なんかね、最初、結構静かで「こ、これはヤバイんじゃない?ヤバイよ、ちばー。」って

思うくらい、あーん、ノリがイマイチかもーって思ったんです(地元なので)。

そしたら。。。。



【開口一番】

カホーンを叩き鳴らす野性的なまさやんからの開口一番は、

ま:「今日のズボン短いの。。。短いんです。」

そして短いズボンの足を組みギターを弾き始めました。

服装は、普通のメガネ、白の『6』と左側に大きく書いてあるTシャツ。グレーズボン(少々短め・笑)。

真っ白のハイカットスニーカー。いつもの長方形のシルバーペンダント。

アンコールは白地のYMTシャツ。

【会場確認】

ま:「そこは2階ですか?2かいーっ!」(と、突然呼びかける。)

2階客席:「は、はぁ~ぁぃ。」←突然だったので、ちょっと情けない声。

ま:「(笑いながら)今、はぁぁ~ぁぃ。って言った?はぁ~ぃって(笑)。」←情けない声のマネ。

ま:「こういうことは、先に確認しておかないとね。縦に長い会場だったりすると、こっちから見て2階とかでも、チケットが4階とか5階とかね。それで、後でブーイングがくるんですよ。呼ばれなかったー!って。だから、確認しておきます。2階―っ!」

2階客:「イェーイッ!」

ま:「1階―っ!」

1階客:「イェーイっ!」

【序盤】

序盤は結構静かで、客席の反応もイマイチでした。

ま:「一人なもんで、こういう空気が多々流れることもあるかと思いますが、、、黙認してください(笑)。」



【第1のヤマ(質問編)】

ま:「じゃあ、カバーコーナー。」と言い、楽譜をパラパラとめくっていました。その時!

1階席の真ん中辺の女の子(20台半ば?)が、

「しっ、質問してもいいですかー?」の声。

まさやんは、「えっ?は?」って感じでかなりの戸惑い。。。会場も少々ざわつきました。

ま:「な、なんですか?この展開は、新しいライブの形。。。いいですよ。何ですか?」

と、メガネの端をクイッと引き上げる。。。女の子は、立ち上がりました!

客:「カホーンって、木なのに、なぜそんないろんな音が出るんですか?」←超緊張声。

ま:「あー(ちょっと質問内容に安堵?)、それでは、ちゃんと説明しましょう。」

と言って説明。

ま:「カホーンは、硬い木の枠があって、そこにベニヤ板が張ってあるわけです。そこに隙間があって、叩くと振動して鳴るのです(カホーンを叩く)。音というのは、振動させることによって鳴るわけで、かたーいものだと、鳴らないんですよ。ほら、こういうものだとこんな音しか鳴らないでしょ。(カチカチッと何かを鳴らしました)ギターなんかもそうだし、スピーカーも同じ原理です。」

客:「へぇぇぇ~~。」(右手で“へぇ”ボタンを押すマネ。)

ま:「へぇぇぇ~。」(うんうんと頷いて、右手で“へぇ”ボタンを押すマネ。)

ま:「じゃあっ!このパンデーロだってそうです。これはー、やぎ皮です。」←かなり先生口調。

客&ま:「へぇぇぇ~~(笑)。」

ま:「質問が出ましたね。。じゃあ、このカホーンを使って。」

と言って、カホーンを勢い良く叩き出しました。(カバー曲)

(この女の子は、たぶん本当に勇気を振り絞って質問したんだろうなー。

ちょっと声も上ずり気味だったし。。。でも、内容もナイスだったし、

まさやんもしっかり見てくれて答えてくれて。。。かなり幸せだったと思います!)



【第2のヤマ(しんみり編)】

お客さんも立ち上がって盛り上がった後に、まさやんがしんみりと

「音楽をやり始めて10年になります。学生の頃から始めた音楽をずっと続けていたくて、今、

こんな風に皆の前で歌うことができて本当に幸せです。。。そんな気持ちで作りました。」(拍手喝采)



【第3のヤマ(。。。下ネタ編)】

ま:「今日は質問もあったし、、どんどん質問してください。何でも答えますよ。」

(いくつかお客さんの声が飛ぶ。)

客女:「まさやん、立たないのー?」←客席で立ってノリノリになりたいよーの意。

ま:「えっ?立たないのぉ?(ニコリ)立たないんですよ。」←えっ、この笑顔とこの間は、、、下、、ネタぁ?

客男:「○×△※◆!」←聞き取れませんでした。

ま:「いや、すごいんですよ・・・・。」

ここで、少しタメがあって、私は(こんな所で下ネタ?えっ、言っちゃうの?言っちゃうの?)と思い、、

ま:「もう別人かと思うくらい?・・・もう、、他人か?ってくらい(笑)」

あー、言っちゃったぁー。。。

ま:「あー。。。なんか恥ずかしくなってきた。。こんなんじゃ歌えない。。。」

と言いつつ、まじめーな歌をみごとに歌い上げました。



という2転3転し、ヤマが3つあったライブだったのです。へんーなノリでしたね(笑)。

”微妙な空気”!そんな感じかな。。。静かだったり、盛り上がったり、しんみりしたり、下ネタだったり。。私的には、かなりおもしろいノリでした(笑)。ライブって生ものだなぁと思いました♪

まさやんも、結構、「ふっ(含笑)」とか「ククッ(含笑)」的に笑っていて、

「楽しいねー。」って言ってたけど、あれは「おもしろいよねー。なんか微妙だよねー。」って笑いではないか?と思いました。←私がそう思っただけかも。



【仕草編】

Yさんが、まさやんの仕草は「一つ一つがなんかかわいいのよねぇ。」とおっしゃっていましたが、

そんな仕草。。。

◆パンデーロでリズムトラックを作り、ループさせ、「ちょっとなんか違うかなぁ~?」という感じで、

首をかしげる。。。4拍子の曲で、4拍目に首をかしげる、、また4拍目で首をかしげる、、、そのまま

曲に入ってしまいました(笑)。

◆「一人なんで、いろんなおもちゃを持ってきました。一人だとちょっと心、、、、ココロ、、、こころ。。。」

客男:「こころもとない。」

ま:「心元ないんで、、、って、なんで、おまえに教えられるんじゃっ!国語の先生かっ(笑)。」

そして、「これが、サンバホイッスル。これが。。」と教えながら、ポイッ、ポイッと、

机に投げ捨てていました(笑)。



※市川は、ちょっと音響が良くなかったです。高い音と低い音がハウリングを起こしていて、朝礼のマイクがピーとか言うあんな音がよくしていました。きっと本人も気になったことでしょう。(ちょっと残念。)



声もバンバン出ているし、ギターのアレンジが変わっている曲も数曲あって、素直に“すごいよ、まさやん!頑張ってるね。”と思うライブでした。
[PR]
# by atelieraya | 2003-10-06 16:54 | 山崎 まさよし

【山崎まさよし“ONE MIC STAND”】 第1回  むーちゃんより

マザーミュージックをお聞きの皆さん、そして田辺加奈子さんこんばんは、山崎まさよしです。
今日からスタートした「山崎まさよし“ONE MIC STAND”」ヨロシク!

え~まぁあの~~、ツアーがスタートいたしましたけれどもですね、今回のツアーで演奏した音源とか或いは、まぁその~土地のいろんな出来事であったりとか、そういうのをですね、この「ONE MIC STAND」というコーナーでお届けして行きたいと思います。

え~まぁあの~、一人で演奏するとゆー、まぁ弾き語りのツアーでやっとりますけども、お客さんもですね、非常に温かくてあの~いろいろとライブの状況をどんな感じなのかっていうのをですね、音でお伝え出来たらいいと思います。

え~毎週ON AIRして行きますんでぜひチェックして下さい。え~山崎まさよしでした。

9月17日府中の森芸術劇場 音源

 ♪はじめての(フ)チュウ

まさにこれこれ!あ~17日が蘇えって来た~。
                                 (by むー@岡山)b0038999_1652177.jpg
[PR]
# by atelieraya | 2003-10-02 16:50 | 山崎 まさよし